MENÜ
企業 歴史

歴史を記載します

source: wikipdedia CC BY-SA 3.0

1989

Reilhofer KGの設立 (1989)

Reilhofer KGは1989年にJohannes Reilhoferによってカールスフェルトにおいて設立されました。弊社の重点は、アコースティックエミッションを用いたパワートレインの解析です。この始まりから何年にもわたって広範囲の製品ファミリーを生み出してきました。Johannes ReilhoferはReilhofer KGを設立する前に、原子力、医療、自動車、軍事及び鉱山における測定技術の会社であるJohne + Reilhofer社で経営者として働いていました。

1990

Stress 2及びStress 8の開発 (1990)

Stress 2及びStress 8は材料疲労の計算と測定をするために開発されました。2つのシステムはRange-Flow法に従う時間解析を基にしています。

1991

破損記録器/カメレオンシステムの開発 (1991)

破損記録器は最初のdeltaANALYSERの前段階であり、アコースティックエミッションを基礎にしています。カメレオンシステムは評価アルゴリズムが付随したデータライターで、顧客は何をすべきかを決定しなければなりません。この測定システムの経験は、修正データを示すだけでなく答えを提供する、私たちの現在のシステムを開発するための基礎となりました。

1992

deltaANALYSERの開発 (1992)

2年間の徹底した開発業務の後に、最初のdeltaANALYSERが1992年にSTIHL社においてテストを行いました。シェーカーにより構造が励起されました。初めての形状変化により待機するアラームが作動しました。1992年にdeltaANALYSERはフォルクスワーゲンAGのトランスミッシンの耐久試験に対するテストベンチにおいて初めて採用されました。この当時、通常よりずっと早くギアにおける初めての孔食の診断に成功しました。

1993

ギア検出の開発 (1993)

ポルシェ社は最初のdeltaANALYSERに対して多くのパラメーターを取り入れようとしました。そこから1993年にねじピッチ検出システムが誕生しました。

1994

研削やけ防止 (1994)

1994年にReilhofer KGはZFのために研削やけ防止を開発しました。歯車は研削プロセスにおいて局部的に過熱され、それにより不良品になります。開発した「研削やけ防止システム (SVS)」は研削やけを防止し、さらにノーリスクでの約30%のパフォーマンス向上を実現します。Reilhofer KGはこの製品を独占的にZFに供給しました。

1995

turbo-CONTROLの開発 (1995)

ターボチャージャーのアンバランスを測定したいという希望により、1995年にKühnleとKopp & Kausch(後のBorg Warner)はReilhofer KGに依頼をしました。私たちはその結果、turbo-CONTROLにより世界で初めての診断及びバランスシステムを開発しました。これは迅速に測定を実行し、2つの平面においてコンプレッサーのホイールを較正することができます。

1997

GEAR SHIFT checkの開発 (1997)

切り換え又は同期の簡単で効果的な観測をするために、Reilhofer KGは1997年にZFと協力してGEAR SHIFT checkを開発しました。この製品は、いつから切り替えステップが予測される挙動でずれて、どのようにしてエラー頻度が示されるかを診断することを可能にします。

1998

eolANALYSERの開発 (1998)

PKW、LKW及び固定して駆動する装置において、内燃機関およびトランスミッションの生産ラインを検査するために、1998年にさらなる診断システムであるeolANALYSERを開発しました。End-of-Lineシステムは自己学習します。この機能は、専門的な設定を行うためにスタッフが長時間とどまることなく、24時間稼働を可能にするので、先駆的なものです。

1999

本社の移転 (1999)

大きくなっている製品パレットと成長を続けるチームにより、カールスフェルトのフリューリンクスプラッツでの土地空間がもはや十分でなくなりました。本社を全ての専門分野とともにカールスフェルトの新たな住所”An der Steinernen Brücke”に引っ越しました。ここで私たちは、自身の仕事を可能な限り最善でサポートしてくれる最適な生産及び作業条件を見つけました。私たちはミュンヘン近郊のカールスフェルトに忠実です。

1999

eolANALYSERのためのatmendes Kollektiv (1999)

全ての組立条件影響の大きさの合計は、いくらかの時間の後の固定された閾値のマージンを超過してしまいます。そのためReilhofer KGは、生産公差で動作する”atmendes Kollektiv”を開発しました。外れ値、又は生産エラーはこの呼吸公差の超過として示されます。そのため生産閾値は長期間にわたって次第にドリフトせず、eolソフトウェアにおいて長い時間での生産変動から計算する絶対的閾値に含まれています。

1999

crash-PREVENTERの開発 (1999)

フォルクスワーゲンAGから1999年に、従来のdeltaANALYSERに追加のブレーカーを統合したいという要望が出てきました。これはさらに独立して動作する必要があります。そのためReilhofer KGはcrash-PREVENTERを開発しました。

2001

ヘンリーフォード賞 (2001)

“atmende Kollektiv”とリファレンスの独立した検出に対して2001年にヘンリーフォード賞を米国で受賞しました。それまでにフォードは250,000台ものトランスミッションをeolANALYSERで試験してきました。

2002

rotor-ANALYSERの開発 (2002)

風力発電設備を保護するためにrotor-ANALYSERを開発しました。風や温度などのそれぞれの外部稼働条件を考慮できるので、エラーのアラームは発生しませんでした。

2003

acoustic-LASERの開発 (2003)

2003年はアコースティックレーザーの開発がスタートしました。私たちの実験により、当時のレーザー振動計は任意の表面に対する非接触の測定に対して機能しないことが分かりました。4年の開発を経てacoustic-LASERが、測定する表面に関係なく動作する最初の非接触センサとして誕生しました。乗り越えるべきハードルは、0.1mm/sec未満までの旋回速度を測定しなければならないということでした。音速が20°Cで340m/secであることを考慮すると、本当に大変な挑戦です。acoustic-LASERで私たちは挑戦に打ち勝ちました。

2003

ドイツで最初の「Reilhofer技術デー」 (2003)

顧客の増加とともに、弊社の診断システムのユーザーたちが適用領域と経験値に関して集中的に意見交換をしたいということに気づきました。そのため私たちは専門的な催しである「Reilhofer技術デー」を設けました。それ以来、ドイツマーケットにおける興味ある顧客とパートナーが2年ごとに定期的にディスカッションをするために集まります。

2008

上海/中国に営業所の開設 (2008)

2008年に私たちは初めて中国向けに診断システムを販売しました。私たちはこのマーケットに対するチャンスを認識し、中国に100%出資の自社営業所を設立して2008年に上海で事業を始めました。それ以来、数多くの中国にある有名な企業が私たちの顧客となりました。

2008

deltaANALYSER mobileの開発 (2008)

deltaANALYSER mobileを使った最初の試験が2008年にスタートしました。パワートレインにおいて異音が発生した場合、自動車への簡単な適用と迅速な解析により、deltaANALYSER mobileは非常に役立つツールとなりました。

2009

ROC – Reilhofer Order Calculator (2009)

被試験物から発生した次数を計算するためのプログラムがこのとき揃いました。2009年にROCが開発されました。当初はトランスミッションのみを対象にしていました。現在ではエンジンおよびE-Driveを計算することも同様にできます。さらにパワートレイン全体の計算も行うことができます。私たちはユーザーフレンドリーを重視しました。

2010

フランスでの事務所設立 (2010)

フランス市場で長年にわたって成功してきて、私たちはフランスに自社営業所を開くことに決めました。この拠点から私たちは迅速かつ効率的に現場で顧客サポートを保証することができます。

2012

本社の移転 (2012)

製品パレットの拡張と従業員数の増加により、より広い場所への本社移転が必要になりました。私たちは再びミュンヘン近郊のカールスフェルトのZugspitzstraßeに最適な場所を見つけました。

2013

フォーゲル産業出版より表彰 (2013)

中国の自動車産業における有益なサポートに対して、私たちはフォーゲル産業出版から2013年に中国で表彰されました。その理由は特にdeltaANALYSERシステムです。このシステムはトランスミッション及びエンジンの開発テストベンチにおいて長時間、非常に優れて信頼性のある知見を中国の自動車メーカーに提供してきました。

2014

上海にH-Reilhoferを設立 (2014)

ジョイントベンチャーで中国企業H-Reilhoferを2014年に上海で設立しました。同社は自動車用トランスミッション(AT、MT、DCT、CVT、E-Drive等)に対するカスタムでのテストベンチの開発および製造に特化しています。

2014

米国で最初の「Reilhofer技術デー」 (2014)

北米市場は私たちにとって常に重要でした。そのため米国でも定期的に「Reilhofer技術デー」を開催することにしました。大きな反響があったので毎年、アコースティック測定技術、NVH、損傷の早期検出及び品質保証に関して専門家デーに専門分野の顧客とパートナーがデトロイトに集まっています。

2015

Global Failure Databaseの開発 (2015)

検出した損傷及びエラーを明らかに示して評価できるようにするために、Global Failure Databaseをプログラムしました。これにより、一目でわかる形でdeltaANALYSER及びeolANALYSERで得られたデータを現場で包括的に評価できるようになりました。

2016

health-ANALYSERの開発 (2016)

工業機械の集中管理にhealth-ANALYSERは焦点を当てています。これは、インダストリー4.0のテーマをカバーする未来の測定装置の前段階です。

2017

ISO 9001:2015認証取得(2017)

私たちの有効な品質管理は2017年にISO 9001:2015認証で初めて公に認められました。細部まで考えられた作業プロセスを気遣い、私たちの製品とサービスの品質を決定的に保証するという前提条件に私たちはさらに固執します。

2017

イタリアでの事務所設立 (2018)

イタリア市場からの製品に関する問い合わせが増加してきたので、私たちは2017年にイタリアにおいて自社営業所を設立しました。そこから直接、現地の言語で対応することができます。

2018

イタリアで最初の「Reilhofer技術デー」(2018)

イタリアの営業所でのスタートが成功してから、イタリアで初めてとなる「Reilhofer技術デー」がありました。2018年に初めて専門分野の代表者、顧客及びパートナーがE-Drive及び従来のエンジンに関するアコースティック測定技術のチャンスをテーマにして専門家の意見交換が行われました。

2019

中国で最初の「Reilhofer技術デー」 (2019)

一連の「Reilhofer技術デー」の成功が中国でも実現しました。そのようなイベントが2019年にアジアで初めて行われました。この専門的なイベントに対する成功と強い興味に従ってさらに続いていきます。

Reilhofer in Social Media
XING Linked In Facebook Instagram YouTube We Chat

Wählen Sie Ihre Sprache

Cookie-Hinweis

Diese Website benutzt Cookies, die für den technischen Betrieb der Website erforderlich sind und stets gesetzt werden. Andere Cookies, die den Komfort bei Benutzung dieser Website erhöhen, der Direktwerbung dienen oder die Interaktion mit anderen Websites und sozialen Netzwerken vereinfachen sollen, werden nur mit Ihrer Zustimmung gesetzt. Weitere Informationen erhalten Sie in den Cookie-Hinweisen.

einverstanden ablehnen