MENÜ
損傷の早期検出 コンポーネント

損傷の早期発見 コンポーネント

はっきりと見る

どのようにして損傷の早期検出を正しく機能させるのか?

コンポーネントをテストベンチで試験を行う場合、被試験物の正確な機能を検出するために、例えば、回転数、回転モーメント又は圧力のような重要なパラメーターのみを頻繁に確認します。摩耗を検出するためにアコースティックエミッションが必要です。この場合に、アコースティックエミッションの合計の単純な監視では不十分で、さらに被試験物は摩擦なしでノイズを生成します。deltaANALYSERは通常発生したノイズを損傷によるノイズから早期に区別し、脆弱な箇所を直ちに明らかにします。その場合にdeltaANALYSERは診断を行い、どの部品において初期の損傷が発生したかを示してくれます。

どのような測定方法があるのか?

アコースティックエミッションを測定するために最も使われている方法は、被試験物に直接加速度センサを取り付ける方法です。センサをねじで固定すると、最も良い結果を得られます。別の取り付け方法として、センサを磁石で取り付けるか、貼付することも可能です。私たちはセンサに力を加えたり、ばねで押し付けることを回避するようにお勧めします。レーザー振動計を用いた非接触測定は別のオプションとしてありますが、金額は大きく異なります。高コストのため、この方法は耐久試験の分野で適用されません。損傷の早期検出のためのマイクロフォンは完全に不適切です。少なくともテストベンチ外の被試験物の音の可聴性に対してのみ利用されます。

何個のアコースティックエミッションセンサが必要ですか?

測定状況に応じて最大8個のアコースティックエミッションセンサを設置することができます。通常は被試験物あたり1つのセンサを使用します。コンポーネントの場合には最大2個のセンサが必要で、それぞれの方向をカバーします。

生データをエクスポートし、外部プログラムで後処理することはできますか?

deltaANALYSERはリアルタイム計算を用いたリアルタイム測定とリサンプリング法を用いたリアルタイム測定を使用することができます。リサンプリング法の場合、必要に応じて生データをASAM ATFXファイルフォーマットで保存することができるので、外部プログラムにおける後処理を実施することもできます。

有効な測定に対して追加で何が必要ですか?

アコースティックエミッション信号に対して、次数解析を実施するためにさらに回転数が必要です。より多くの信号(例えば、回転モーメント、圧力、温度など)を提供するほど、被試験物の状態に関する分析がより正確になります。

なぜ次数解析が必要なのですか?

次数解析は回転数に依存するアコースティックエミッション解析に対して最高のツールです。回転数が変化しても次数はその状態を維持します。振幅高さ(例えば、m/s2/g/mv)のみが変化します。それによって小さい公差設定を保証することができるので、最小変化でも発見できます。

次数解析に対する正確な回転数をどのようにして保証しますか?

完全で正確な次数解析を実施するために、非常に正確な回転数が必要です。この特別な要求に対してspeedBOXは常にdeltaANALYSERの構成要素になっています。あり得る全ての信号形式から完全なTTL信号を生成することができます。deltaANALYSERに対してテストベンチの被試験物の信号から電気的に分離されています。その場合に様々な構成が可能です。speedBOXには第2の出力があり、特にテストベンチ又は別の測定技術に対して有効です。

speedBOXについてさらに知る

1つの方法で十分ですか?

いいえ。全ての不具合を検出するために様々な方法が必要です。その場合に次数解析は、損傷の早期検出の点においてのみ有効です。deltaANALYSER v3内にはアコースティックエミッションに基づく9つの異なる方法が含まれています。

何か変化がありましたが、それは何ですか?

耐久試験中に被試験物に変化が確認されます。この変化は次数領域で見ることができます。それによって部品の分類が発生した場合、Reilhofer KGは無類のROCをプログラムします。このプログラムを用いて、被試験物を迅速かつ機械的に再構築することが可能です。Reilhofer Order Calculator (ROC) は非常に短い時間で、考えられる全てのパワートレインを再構築し、アコースティックエミッションが発生する次数を算出します。

ROCについてさらに知る

部品分類はどのようにして行われるのですか?

ROCモデルが作成されると、このモデルを評価します。時間経過における変化スペクトルである滝グラフでは、部品計算とともに変化が示されます。その場合に試験中に損傷のある部品を検出することができるので、必要に応じてリアルタイムで交換することができます。

データ評価のために常にテストベンチの隣にいなければなりませんか?

いいえ。deltaANALYSERはサーバにネットワーク接続により保存されたデータを複製しているので、オフィス・ワークステーションからオンラインでのデータ評価を行うことができます。サーバに保存することにより、データをさらに測定装置に対して守ることができるという利点があります。

突発的に何かが折れた場合には、どうすればいいですか?

CrashPREVENTERはdeltaANALYSERにとっての確実な構成要素です。この分析ツールは突発的な破壊又はひび(例えば、ステアリングチェーンのひび)に対するアコースティックエミッション合計を監視しているので、そのような場合には直ちにテストベンチに対して遮断信号を送ります。CrashPREVENTERを用いてグラフィックで完全な試験経過も構成することができますアコースティックエミッション合計だけでなく、deltaANALYSERから得られた全ての信号も見ることができます。

テストベンチにどのようにして統合しますか?

deltaANALYSERはお手持ちのテストベンチに簡単に統合することができます。その場合にそれぞれのPSTとdeltaANALYSERとの間で通信するためのBUSシステム(例えば、ProfiBUS、CAN、ProfiNET、Ethercat、ModBUS)を使用することができます。さらにBUS接続がない旧式のテストベンチは、アナログ接続又はデジタル接続により結合することができます。アコースティックエミッションセンサは供給ケーブルと直接接続します。測定ユニット及び工業用PCは19インチプラグインで、お手持ちのラックに組み込むことができます。あるいは、プラグインできる余地がある携帯用ラックを供給することもできます。

ドライブシャフトの固定ジョイントにおけるピッティングに適用する場合

トレンドインデックスは時間に関する変化を示します(分析)

最適なものをアドバイスします.

パンフレット

deltaANALYSERのカタログをダウンロードして詳細をご確認ください。

PDFのダウンロード

アドバイス方法

お客様の最大利益は常に私たちの業務の中心にあります。

今すぐ連絡する

品質認証:ISO 9001

最適なプロセス管理による品質保証はISO 9001:2015認証によるものです。お客様にとってのメリット:始めからの完全な製品及びサービスの性能保証。

さらに知る

ソーシャルメディアのReilhofer
XING Linked In Facebook Instagram YouTube We Chat

言語を選択してください

クッキー通知

このウェブサイトは、ウェブサイトの技術的な操作に必要であり、常に設定されているクッキーを使用しています。 このウェブサイトを使用する際の快適さを向上させる他のCookieは、直接広告に使用されるか、他のウェブサイトやソーシャルネットワークとのやり取りを簡素化するために使用されます。 詳細については、Cookie情報をご覧ください

同意する 拒否する