MENÜ
製品 Global Failure Database

製品 Global Failure Database

本質

Global Failure Databaseとは何ですか?

Global Failure Database (GFD) は実験及び/又は生産の本質を保存し、データ量を最小限に低減するデータバンクです。

複数の拠点でデータを入力するか、そこから呼び出すことはできますか?

はい。そのため、現場又は経験を基にした知識の専門領域は有益で、私たちはお客様に、この標準的なアーカイブを世界的に利用できるチャンスを提供します。私たちのお客様は非常に多くの数のNVHシステムを開発及び/又は生産の領域において適用しているので、これは非常に役立つステップです。あらゆる利用場所において毎日、有益な情報、測定結果及び経験を生み出しています。グローバルな損傷データバンクにより、この情報を統合し、責任ある全てのスタッフが現場で全般的に利用することができます。Global Failure Databaseを使ってアクティブかつ効果的に製品すべての開発サイクル及び耐用年数に関わる専門分野を結びつけます。

どの分野で有益ですか?

生産 <-> 生産

生産において未知の損傷が発生した場合、構造的に比較できる被試験物に対してグローバルの損傷データバンクとの比較を現場で包括的に実施することができます。そのように可能なパターン比較により解析ステップを簡潔にして早めることができます。さらに様々な分析方法により、個々の生産現場は不具合の頻度及び原因に関して互いに比較することができます。

開発 -> 生産

NVHシステムは開発だけでなく生産においても適用することができるので、開発で得られた損傷の原因に関する情報は生産における解析を簡単にして早めることができます。”Lesson Learned”の意味で。開発部門は必要に応じて生産における危険な試験結果に対して迅速にアクセスすることができます。このことにより必要な新製品発表ステップを早めることを助けてくれます。

生産 -> 開発

生産は毎日何千もの結果を提供してくれます。複数の試験及び生産の複雑性により、さまざまなエラー信号及び対応する部品割り当てを自由に使うことができます。このことによりパターン認識に対して開発に役立たせることができます。

開発 <-> 開発

全ての拠点で得られた開発情報は、将来の開発及び評価においてグローバルに活用することができます。

重要なデータを測定データバンクからGFDにどのように送るのですか?

私たちの全ての評価プログラムにおいてGFDレポートに対する特別なPlugInが含まれています。それを使って、必要なすべてのデータ(スペクトル/時間信号/トレンドなど)を簡単にGFDに読み込むことができるエクスポートデータに書き出すことができます。そのため、個々のスペクトル又は時間信号をエクスポートして、さらに入力する必要はありません。試験又は修理場所からの画像の追加でのインポートも可能です。

登録したデータからレポートを作成することはできますか?

はい。レポートビルダーを使用して、例えば、損傷分類のような、レポートにおける関連する全てのデータを作成することが可能です。

画像を用いた損傷のケース
分析例-トップ3の損傷
eolANALYSERデータの例
deltaANALYSERデータの例

最適なものをアドバイスします

パンフレット

ROCとGFDのパンフレットをダウンロードして詳細をご確認ください。

PDFのダウンロード

アドバイス方法

お客様の最大利益は常に私たちの業務の中心にあります。

今すぐ連絡する

品質認証:ISO 9001

最適なプロセス管理による品質保証はISO 9001:2015認証によるものです。お客様にとってのメリット:始めからの完全な製品及びサービスの性能保証。

さらに知る

ソーシャルメディアのReilhofer
XING Linked In Facebook Instagram YouTube We Chat

言語を選択してください

クッキー通知

このウェブサイトは、ウェブサイトの技術的な操作に必要であり、常に設定されているクッキーを使用しています。 このウェブサイトを使用する際の快適さを向上させる他のCookieは、直接広告に使用されるか、他のウェブサイトやソーシャルネットワークとのやり取りを簡素化するために使用されます。 詳細については、Cookie情報をご覧ください

同意する 拒否する