MENÜ
品質保証 E-Drive駆動系

品質保証 E-Drive駆動系

通電

なぜ品質評価に対してアコースティックエミッションを適用するのですか?

eolテストベンチにおいて多くの場合、それぞれのセンサ、電圧又は圧力に対するさまざまな試験を行います。これらの試験で全ての機能を確認します。しかしながら、機械的部品の品質について又は被試験物の音量に関するヒントを与えてくれません。そのため、End-of-Line試験の場合に、アコースティックエミッションを用いた音響的評価を統合する必要があります。これは組み立てられた部品の品質保証と、音量又は音響的挙動の観察という2つのタスクを引き受けます。

どのようにして測定するのですか?

アコースティックエミッションを測定するために、様々な方法があります:加速度センサを直接フランジプレートにねじ締結するか、供給ユニットとばねを使って押し付けます。さらにセンサを磁気的に被測定物に取り付ける方法もあります。レーザー振動計による非接触測定も可能です。マイクロフォンは品質保証に対して限定的ですが適しています。

何個のアコースティックエミッションセンサが必要ですか?

一般的には被試験物に対して最大2個のセンサで十分です。測定状況に応じて最大8個のアコースティックエミッションセンサを取り付けることができます。いくつかの音響的挙動は1つの方向でのみ異常なので、それぞれの軸において測定することが有効である場合があります。

所定又は自動の閾値はありますか?

固定された閾値は、例えば、歯の嵌合のような所定のノイズの発生、又は回転数-レベルの経過を制限するために有効です。しかしながら全ての不具合を予測することはできません。そのため、日々の生産の近くにある追加の自動自己学習閾値が必要です。自動閾値は連続的に適用されます。これらの閾値はしかしながら無限に有効となるわけではありません。例えば、直近6か月の生産から構成された絶対閾値があります。ツールの交換、新たなバッチ、供給部品等の全ての生産変動を考慮します。

有効な測定のために追加で何が必要ですか?

アコースティックエミッション信号に対して、次数解析を実施するためにさらに回転数が必要です。より多くの信号(例えば、回転モーメント、圧力、温度など)を提供するほど、被試験物の状態に関する分析がより正確になります。

なぜ次数解析が必要なのですか?

次数解析は回転数に依存するアコースティックエミッション解析に対して最高のツールです。回転数が変化しても次数はその状態を維持します。振幅高さ(例えば、m/s2/g/mv)のみが変化します。それによって小さい公差設定を保証することができるので、最小変化でも発見できます。

1つの方法で十分ですか?

いいえ。全ての不具合を検出するために様々な方法が必要です。その場合に次数解析は、品質保証の点においてのみ有効です。eolANALYSER内にはアコースティックエミッションに基づく25種類を超える様々な方法が含まれています。E-Drive、E-エンジン又はトランスミッションには特別な方法が準備されています。

次数解析に対する正確な回転数をどのようにして保証しますか?

完全で正確な次数解析を実施するために、非常に正確な回転数が必要です。この特別な要求に対してspeedBOXは常にeolANALYSERの構成要素になっています。あり得る全ての信号形式から完全なTTL信号を生成することができます。eolANALYSERに対してテストベンチの被試験物の信号から電気的に分離されています。その場合に様々な構成が可能です。E-エンジンの回転数信号からブレーキ回転数まで、全て可能です。speedBOXには第2の出力があり、特にテストベンチ又は別の測定技術に対して有効です。

speedBOXについてさらに知る

生データをエクスポートし、外部プログラムで後処理することはできますか?

eolANALYSERはリアルタイム計算を用いたリアルタイム測定とリサンプリング法を用いたリアルタイム測定の方法を使用することができます。リサンプリング法の場合、必要に応じて生データをASAM ATFXファイルフォーマットで保存することができるので、外部プログラムにおける後処理を実施することもできます。

個々の試験ステップはどのようにして行われるのですか?

試験ステップは被試験物の測定要求に従って準備されます。例えば、ランプが動作している場合、このランプを試験ステップ全体として測定することができます。さらにこのランプを最大5つのセグメントに分けて、それぞれの特別な方法をそれぞれのセグメントに利用することもできます。この試験ステップを様々な信号(例えば、デジタルのビットコード/回転数/回転モーメントなど)でそれぞれ定義することができます。

生産トレンドを知る/不具合品を低減する

eolANALYSERを利用することによりプロセス全体の生産安定性を簡単にグラフで示し、不具合品を作らないように、必要に応じてリアルタイムで把握することができます。

Reilhofer Order Calculatorはどのようにしてサポートしてくれますか?

試験ステップにおいて異常な次数はROCの計算と比較することができ、迅速かつ確実に関係する部品を識別することができます。そのため、NVHの専門家でない人も簡単かつ確実に診断を行うことができます。この方法は評価により機能し、さらに試験者がライブで見ることができるテストベンチにおいて直接完全自動でオンラインで機能します。

ROCの詳細

評価及びレポート作成はどのように行いますか?

試験の全てのデータはSQLデータバンクに保存されます。このデータは必要に応じて長期間保存することができます。評価は全ての試験ステップを、その方法と結果と共に示します。ボードには品質の経過全体のような様々な分析機能があります。x個の被試験物に関する個々の次数の振幅高さの評価も同様に可能です。その場合に個々のギアの製造品質の過程を確認することができます。それによって経営層は品質に関する迅速で広範囲にわたる概要を得ることができ、レポートツールはドキュメント内でわずかなマウスのクリックにより最重要事項を表示する優れてスピーディーなものです。

スタッフはデータ評価のために常にテストベンチの隣にいなければなりませんか?

いいえ。eolANALYSERはサーバにネットワーク接続により保存されたデータを複製しているので、オフィス・ワークステーション又は別の拠点からオンラインでのデータ評価を行うことができます。高い旅費と時間の浪費が発生することなく、内部の専門家による支援があるという利点があります。

テストベンチにどのようにして統合しますか?

eolANALYSERはお手持ちのテストベンチに簡単に統合することができます。その場合にPSTとeolANALYSERとの間で通信するための様々なBUSシステム(例えば、ProfiBUS、CAN、ProfiNET、Ethercat、ModBUS)を使用することができます。さらにBUS接続がない旧式のテストベンチは、アナログ接続又はデジタル接続により結合することができます。アコースティックエミッションセンサは供給ケーブルと直接接続します。測定ユニット及び工業用PCは19インチプラグインで、お手持ちのラックに組み込むことができます。あるいは、プラグインできる余地がある携帯用ラックを供給することもできます。

テストベンチのユーザーインターフェースを現地語に変更することはできますか?

はい。ユーザーインターフェース (UI) は迅速かつ簡単に希望する言語に変えることができます。その場合にはReilhofer KGによる調整は不要です。私たちよりプログラムを受け取り、それを用いてご自身の言語で重要な語句を入力できるので、試験者はご自身の言語でシステムを利用することができます。

最適なものをアドバイスします

パンフレット

eolANALYSERのカタログをダウンロードして詳細をご確認ください。

PDFのダウンロード

アドバイス方法

お客様の最大利益は常に私たちの業務の中心にあります。

今すぐ連絡する

品質認証:ISO 9001

最適なプロセス管理による品質保証はISO 9001:2015認証によるものです。お客様にとってのメリット:始めからの完全な製品及びサービスの性能保証。

さらに知る

ソーシャルメディアのReilhofer
XING Linked In Facebook Instagram YouTube We Chat

言語を選択してください

クッキー通知

このウェブサイトは、ウェブサイトの技術的な操作に必要であり、常に設定されているクッキーを使用しています。 このウェブサイトを使用する際の快適さを向上させる他のCookieは、直接広告に使用されるか、他のウェブサイトやソーシャルネットワークとのやり取りを簡素化するために使用されます。 詳細については、Cookie情報をご覧ください

同意する 拒否する